実家の両親が片づけられなくて
困っています。
何とかしたいのですが、やる気に
させる良い方法はありませんか?
こんな質問をいただきましたので
ご回答いたします。


おはようございます。
お部屋から一歩理想の自分に近づく
ミニマム収納術
整理収納アドバイザーの
寺尾江里子です。

まず最初に「困っている」のは
誰ですか?
「私」でしょうか?
それとも「実家の両親」でしょうか?

大抵は困っているのは
「私」の場合が多いですね。

既に親元を離れて暮らし
たまに行く実家が散らかっている。

住んでいる両親は
探し物をしたり、不便そうにしているけど
本人たちの口から、片づけたいという話は
出てこない。
「片づけたらどう?」という話を切り出しても
「そうね、そのうち」とか
「べつに困ってないからいいの」
「放っておいて」
と拒否されたりしてしまう。

片付いていた方がいいのは
両親も分かっているのに
「今すぐ」やらなくては!という緊迫感もない。

そうすると、こまるのは「私」ですね。
このまま親がいなくなったら
後片付けをするのは誰?

今からでも片づけて少しでも
快適な生活を送って欲しい。

そんな気持ちになりますね。

しかし、ここで大事なのは
住んでいる本人が
「手伝って欲しい」という言葉を
発することなんです。

困っていない人に、助けてあげる
と言っても、余計なお世話状態。
どうせ何でも捨ててしまうんでしょ?
そんな目で見られます。

向こうから、「片付けを手伝って欲しい」
と言われるまで、手を出さない。
これがベストです。

それでは納得できない!という人は
両親の行動をよく観察してみてください。

どこに、何があって、何を探しているのか?

探しているモノが分かりやすいように
1カ所だけ、工夫してあげるんです。
そうすると、とても喜びます。
喜んでくれたら「別の場所もお願い」と
言われる可能性が大です。

足元を広くしてあげたり
ほんの些細なことでかまいません。

相手からの「お願い」が出るまで
我慢しましょう。

相手を変えたい!
こんな気持ちがあるとなかなか上手く
行かなかったりします。
本人の「変わりたい」が出るまで
「今のままでもいい」と
私が思うことが大事かもしれません。