My story~ミニマム収納誕生秘話

第7回目は
家事代行会社から、自分のサービス1本へ。
整理収納の仕事をして分かった
「片付けられない」の裏にある心理とは・・・

====================

家事代行会社で修行をしている間に
整理収納アドバイザー1級の合格通知が届き、
いよいよ整理収納アドバイザーとしての
個人活動を開始しました。

ホームページを前の会社の同僚に作ってもらったり
ブログも始めながらのスタートでした。

幸いにも起業後まもなく、
ホームページを見たお客様がご依頼くださり、
今考えるとそれなりに
順調なスタートを切れたと思います。

しばらくして家事代行会社を辞めて
自分の仕事1本でやっていくことにしました。

家事代行サービスでは
1度きりの訪問が多かったのに対して
個人サービスでは継続して
何度も同じお客様を訪問することができました。

やはり一度散らかってしまったお部屋は
そう簡単には片付かないのです。

1-IMG_2157.JPG

その中で、今まで見えなかったことが
見えてきました。

それは「心」と「お部屋」の関係です。

お客様の中には「心」の不調を持っている人が
多いことに気づきはじめました。

「使ってないのに捨てられない」
もうとっくに捨てていてもいいようなモノでさえ
捨てることができない。
1-IMG_2862.JPG

心の不調和がお部屋に現れている
と気づいたのです。

「片付けられない」「捨てられない」の裏には
いろんな過去不安心配事などが
その人の心を通してお部屋に現れているのが
見えてきました。

実際に心療内科に通われているという方も
いらっしゃいました。

しかし部屋が整ってくると、
だんだん心も回復してくる

ことにも気づいたのです。

ちらかった部屋に住んでいる人は、
本来の自分の姿がだんだんと
見えなくなってきています。

モノが探せず、見つからないのと同じく
自分も見失ってしまっていることが多いのです。

部屋を整えることは
自分自身を整えること。

整理収納の仕事とはお部屋の整理を通して、
人に寄り添い、その人自身も整える

お手伝いをすることになるのだと気づきました。

私も子育て中にモノが増えすぎて、
自分を見失いそうになりましたが、
自分に必要なモノだけで暮らすことの意味や、
その重要性について再認識しました。

1-IMG_2708.JPG

そう、スーツケース1個のシンプルな生活が
一番自分らしく輝いて生活していた時のように、
モノは必要なモノが必要な量だけあればいい。

あれば便利なモノも、
ありすぎると悩みの種になってしまう

ということも身をもって体験したのでした。

明日は最終回。
整理収納サービスから、
ミニマム収納にたどり着いた理由について、です。
お楽しみに!