モノとの関わり方 心理 考え方

「溜め込み」が引き起こす様々な不調とは

投稿日:

モノを家に溜め込んでいると
体調不良を引き起こすというお話です。

 

お部屋の乱れ(過度な散らかり)
は心の状態を表しているとも
言えるかもしれません。

 

 

私はこれまでいろいろなお宅に
お片付けにうかがいましたが
中には、心療内科に通っていたり
鬱と診断されたという方も
いらっしゃいます。

 

 

何をやるのも気力が湧かない。
片付けようと思うと頭痛がする。
身体が重くて動かない。

このような方々は
さらにモノが溜まってしまい
身動きが取れなくなる
という悪循環に陥ったりする
ケースもあります。

 

これは、重症な場合ですが
ここまでいかなくても
その予備群はたくさんいます。

 

いまの散らかったままを放置していたら
いずれこのような状態
いわゆる「ゴミ溜め」「ゴミ屋敷」にも
繋がりかねないわけです。

 

 

そうなりたくなかったら
やっぱり「モノを減らす」しか
ありません。

 

 

その一歩として
自分の内面を見つめてみる。

足かせになっているのは
一体どんなことなんだろう?

 

何があれば動けるのか?

 

逆に何がないから動けないのか?

 

なぜ溜め込んでしまうのか?

 

せっかく入れたモノを出してしまうと
どうなってしまうのか?

 

 

その「溜め込む」行為にまつわる
不安、心配(もしも)、恐怖は
一体どこから来るのでしょう?

 

 

あなたの未来はどうなっていますか?

3年後は?

5年後は?

 

見えない未来を不安色に染めて
しまっていませんか?

 

モノを捨てると見えてきます。

欲しかったのは「モノ」ではなくて
「安心」が欲しかったのだと。

 

モノで埋めている不安感は
いくらモノを溜めても払拭できません。

 

モノを減らして
「なくても大丈夫なんだ」と
思えたら、そこからどんどん
自信が湧いてきます。

 

どうぞ怖がらずに
手放してみてください!!

 

何とかしたい!
けれどもどうやっていいか分からない。
そんな方は相談に乗りますよ。

個別相談にお申し込みくださいね。

個別相談

-モノとの関わり方, 心理, 考え方
-, , , , , , , , , ,

Copyright© お部屋から理想の自分に一歩近づく ミニマム収納術 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.