ミニマム収納術

収納グッズやテクニックはもういらない! 思い込みを手放すお片づけ

片付けの知識 片付けマインド

今使っていないけど新しいから捨てるのが惜しい!と思う時どうしたらいいか?

投稿日:2016年6月12日 更新日:

最近買ったモノだけどすぐに使わなくなってしまい、捨てるのが惜しいと思うモノはありませんか?そもそもなぜ使わなくなってしまうのか?について考えてみると、どうしたら良いのか?対処方法が分かるかも知れません。この記事では整理収納アドバイザーの視点から、まだ新しいから捨てられない!という心理について解説しその対処方法についてお伝えします。

買ってすぐに使わなくなるモノってどんなモノが多い?

せっかく買ったのに、最初ちょこっと使ったらしばらくして使わなくなってしまうものってありますよね。まずはどんなモノが多いのか見てみましょう。

  • 簡単便利そうな調理器具
  • きれいになる掃除グッズ
  • 安い衣料品
  • ダイエット関連商品
  • 面白そうな見出しの雑誌
  • 一手間かかる食品(そのままでは食べられない)

このようなモノは買ってからしばらくすると使わなくなることが多いものの代表例です。どれも生活に「なくてはならないもの」ではないことが分かると思います。「あったらいい」と思うモノはたいていの場合はなくてもいいモノだったりします。それをその時の感情で手に入れてしまうのですぐに使わなくなる可能性が高いのです。それを使うと今よりもっと素敵な自分、素敵な生活ができるようになると思ってしまいがちですがそれを実現するためには自分の時間や手間、労力などが必要になることを忘れてはいけません。

 

それでは買ってすぐに使わなくなるモノの理由を見ていきましょう。

【買ってすぐに使わなくなるモノの理由TOP5】

1. 使いにくい

よく考えずに買ってしまった結果使いにくい。工程が複雑だったり、使う前と使った後の手入れや手間がかかる。(家電、調理器具など)

2.気に入らない

買った時はさほど気にならなかったけど、よくよく見るとあまり良くない。気に入らないところがどこか1カ所でもあると使いたくなくなるのが人間の心理です。(衣料品、服飾品など)

3.用が足りた

ほんの短い期間でそのモノに求めていたことが既に満たされたのでもう出番がない。すでにそのモノの役割は果たしたので終わっている。(文房具、調理器具など)

4.興味を失った(飽きた)

買った時の好奇心が満たされて、そのものがどういったモノかを理解したため興味を失った。(栄養食品、家電製品など)

5. 時間がかかる

使う為に一定の時間を必要とするが、優先順位が低いためそれを使う時間が捻出できない。(掃除道具、ダイエット商品など)

 

この5つが代表的な使わなくなるモノの理由です。いま家にある使っていないモノはこの5つのどれかに該当していませんか?それらをこの先ずっととっておいてもなかなか出番は見込めません。ではどうしたらいいでしょうか?

使っていないけど新しいから捨てるのが惜しい!の対処法

ど根性を出して元をとったと思うまで何とか使う

きっとこれが悩んでいる人にとっては1番納得感ある状態で手放せる方法だと思います。しかし、今使っていないのには上記のような理由がありましたね。それを乗り越えて使うモノに変えていくのはかなりの気力と強い意志が必要です。それができないから使わなくなってしまっているので、一度「やっぱり使おう」と思ってもしばらくしたらまたその意欲が低下していくことも大いに考えられます。無理してまで使うモノなのかよく見極めてください。

使ってくれそうな人にあげる

この方法は比較的ハードルが低いかもしれません。しかし、相手が欲しいとも限りませんので相手に選ばせてあげることも大事です。押しつけずに「もし使うなら」という形で断りやすく聞いてあげましょう。また相手に「使わないから要らない」と言われたときにどうするか?予め決めておくことも重要です。

高い勉強代を払ったと思って捨てる

私が1番お勧めしたいのはこの方法です。自分は本当は要らないモノを買ってしまった、ということをまずは認める。そして、同じ間違いを繰り返さないと心に留めるということです。ちょっと高い勉強代だったと思って処分すると、次に同じようなモノに出会ったとき対処がより適切にできるようになります。同じ過ちを何度も繰り返す人は、本当の意味で懲りていません。いつまでも同じことを繰り返すようでしたら不要なモノを買ってしまう理由を根本的に見つめなおしていくことをおすすめします。

 

そして次に買い物するときは

  • 本当に必要かどうか?
  • 本当に気に入っているか?
  • 時間と手間を惜しまず使い切る自分がイメージできるか?

を意識して買うことをお勧めします。

まとめ

モノを使うためには時間も労力も手間もかかります。いくら新しいからと言っても、使わないものは使わないまま放置していればいずれは古くなり状態も悪くなっていきます。それまで部屋の片隅に置いて自分の家のスペースを狭め続けますか?それよりも自分の買い物の失敗パターンや傾向を分析して、使わないモノは一旦手放すと次にもっといいモノが手に入る!そう信じてみてはいかがでしょう?お部屋を要らないモノでいっぱいにしていると運気が下がっちゃいますよ!スッキリしたお部屋で運気UPしましょう(^_-)-☆

  • この記事を書いた人

寺尾江里子

ミニマム収納アカデミー主宰 整理収納アドバイザー1級、2級認定講師 「片付けが苦手」「なかなかモノが捨てられない」 絶賛子育て中40代ママのお悩みを解決いたします!

-片付けの知識, 片付けマインド

Copyright© ミニマム収納術 , 2019 All Rights Reserved.